代表メッセージ - 創業のご挨拶

Eiji Sakai

株式会社ソフトカルチャー(英文社名: SoftCulture Inc.) は、2006年9月、 ソフトウェアの制作やシステム導入のコンサルティング を行う会社として設立しました。

"SoftCulture" は agriculture(農業)から採りました。 農業において畑(agri)を深く耕す(cultivate=>culture) ように、software を耕し、豊かな実りをもたらしたい という思いからです。

また "SoftCulture" の中には culture (文化)という文字が あります。私は、ソフトウェア制作をめぐる文化 (業界の慣行)を変革したいという気持ちも込めています。

私は海外在住が長かったために、各国の 文化的な違いというものに深い関心を持ってきました。 近年、国際的なソフトウェア開発プロジェクトも増えてきている中、文化的な摩擦を乗り越えて、ソフトカルチャーは一つのものを作り上げていきます。

ソフトウェアは人が作り、人に奉仕するものです。 優れた技術を持つだけでなく、人を大切にし育てる会社にします。

皆様には、ご愛顧をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

株式会社ソフトカルチャー 代表取締役社長 酒井 英禎

会社概要

社名
  • 株式会社ソフトカルチャー(英文社名: SoftCulture Inc.)
所在地
役員・従業員
  • 代表取締役    酒井 英禎(さかい えいじ)
資本金
  • 10万円
設立
  • 2006年9月
事業内容
  • IT プロジェクトの受託開発
  • (業種)流通業・出版業・メディア
  • (言語/フレームワーク) Ruby on Rails, Python
  • (プラットフォーム) Linux, Mac OS
  • システム設計および実装を承ります。

実績

近年のもののみ下に掲載する。

  • 大手学習塾サイトのリプレイス開発(PHPからRuby on Rails)
  • 機械学習システムのウェブシステムへの組み込み(Ruby on Rails, Python)

他多数

アジャイル開発

  • ソフトカルチャーは、アジャイル開発の一手法であるスクラム(scrum)に従ってソフトウェア開発を行います。

ワークライフバランス宣言

  • ソフトカルチャーは、一日の時間を仕事と余暇に適切に振り分けることによって、人々がより高い生活の質を得られるように支援していきます。

お問い合わせ